×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

抜け毛・薄毛の原因や抜け毛の予防抜け毛対策、育毛についての情報を集め紹介します。抜け毛・薄毛の原因はなにか、効果的な抜け毛予防、抜け毛対策・防止法、抜け毛・薄毛を防ぐ方法は?抜け毛・薄毛の対策となる食べ物・食事・薬・サプリメントはなにか?抜け毛の悩みはつきません。正しい育毛法は?抜け毛と石鹸・シャンプーの関係、洗髪やシャンプーは害があるのかどうかカラー リング・ストレス・ダイエットで抜け毛が起こる?高価な抜け毛 抜け毛の治療は効果があるのか?リーブ21・アデランスは効果があるか?

抜け毛・薄毛、予防と育毛知識

抜け毛・薄毛の原因や抜け毛の予防、抜け毛対策、育毛についての情報を集め紹介します

抜け毛の原因や抜け毛の予防抜け毛対策、育毛についての情報

 脱毛症は、生えていた髪が生えなくなることです。一般に脱毛はムダ毛処理のことを指しますから、「抜け毛」「ハゲ」と言う方がわかりやすいですね。しかし、何とも言えない響きです。生理学的には、髪の毛は個人の個性により多様であり、頭部に毛が生えていなければならない、と言うことはないのです。つまり抜け毛・薄毛は、病気ではないのですね。
 しかし、抜け毛・薄毛の悩みは、特に日本人にとっては重要な問題です。毛が抜けて頭が薄くなる悩みはまさに本人にしかわからない悩みです。


抜け毛・薄毛は男性型脱毛症

 抜け毛・薄毛は、男性型脱毛症・脂漏性脱毛症・老人性脱毛症・円形脱毛症・薬物脱毛症・痕性脱毛症・産後脱毛症・精神疾患の抜毛症など色とあります。
一般に脱毛と言うとムダ毛処理を指すことが多いのですが、脱毛症は抜け毛・薄毛・禿げのことです。
 男性はは年と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していきます。これはもうどうしようもない自然現象です。病気としては扱われないし医学的対処や医薬品は病気の治療ではないので健康保険は適用されません。

 円形脱毛症などは治療法がいろいろとあるようでこれは病気の一種です。しかし年とともに薄毛になったり、抜け毛が起こるのは自然の摂理なのです。
 さらに年とともにと言っても、それは20才を過ぎる頃から始まる場合もあれば、60歳になっても始まらない場合もあるのです。非常にあいまいなのです。


抜け毛・薄毛の原因

 なぜ毛が抜けるのでしょうか。どうやらまだ正確にはわかっていないようです。
一般的には男性ホルのアンドロゲンの働きによるものと言われます。アンドロゲンとはステロイドの一種で、体内で作られるホルモンのひとつで、簡単に言うと「男性ホルモン」のことなのです。
 つまり男が男であるために必要なホルモンによって脱毛が起こるのです。

 これは困ったことです。確かにハゲは男性に多く女性には少ないです。女性の場合も脱毛が起こることはありますが、男性の抜け毛とは違い病気である場合がほとんどです。
なぜこのような仕組みになっているのかも、まだ解っていません。ハゲと風邪の治療薬を発明すれば間違いなくノーベル賞、なんていう位ですからね。

抜け毛・薄毛を助長するもの

 根本的原因は不明、いつ抜け毛が始まるかも不明。男達は日夜不安と戦わなければならないのです。さらにこの抜け毛・薄毛の進行を助長するものがあります。

食生活・睡眠不足・疲れ・喫煙
さらに間違ったヘアケアも大きなダメージです。 

 バランスの悪い食生活は栄養がバランスよく取れないわけですから髪にも十分な栄養がいきわたりません。

 働きすぎと睡眠不足は最悪です。人間の健康維持を妨げるこの2つは当然人間の体に悪影響を及ぼします。このとき一番のダメージが髪に行くらしいのです。
 髪の毛は人間の生命を考える場合、最も存在価値の低いものですから、疲れが生じ機能停止が始まるのも髪の毛が一番、栄養を補給しても生命維持に重要な臓器が優先され、髪は後回しなんですね。

 シャンプーやヘアケア・スタイリング剤などにも問題がある場合もあります。抜け毛や薄毛に影響があるかどうかの検証は期間やその他の条件によっても大きく左右されるため、あるシャンプーが抜け毛を起こしやすいかどうかは判定が非常に難しいですね。
 髪につけるジェルタイプのものなどはいかにも抜け毛に影響が出そうです。はっきりしていることは毛穴に何らかの影響を及ぼすかどうかなので、ジェルタイプのものが影響がありそうなのは明白です。

 この影響があることを明確に実証することは難しいでしょう。しかし、使わないですめば、助長の一因を取り除くことにはなります。


抜け毛・薄毛は軽蔑される?

 日本では、昔からハゲが軽蔑される風潮があるようで、これが悩みの大きな元凶です。西洋世界では、ハゲや、薄毛のハリウッドスターやミュージシャンが堂々と活躍しています。しかもそれがすごくカッコいいのです。

 西洋の日本人を小ばかにした表現で「ハゲ・チビ・メガネ」なんてイメージがありますが、ハゲの割合は西洋人の方が高いのではないでしょうか。これは日本人のコンプレックスを逆手に取ったのかも知れないですね。

 最近ははカツラや育毛剤業界のテレビコマーシャルが盛んです。40歳を超えてくれば感じ方も違うでしょうが、20代前後の若年性脱毛症(つまり若ハゲ)は深刻な悩みです。中には人の劣等感を煽り立てるような商売をする業者もあるようです。これも薄毛やハゲを軽蔑してきた日本の文化に問題があるのかもしれません。

抜け毛・薄毛は「治る」か?

 これは最も重要なテーマですね。果たして何が効果があるのか?
現在、抜け毛・薄毛対策商品は大きなマーケットです。数多くの対策商品がテレビ等で紹介されていますが、しかし非常に高価です。そしてその結果は「個人差があります」の一言で説明されるのです。

 個人差、つまり効果があるかどうは試して見なければわからないのです。
でも抜け毛・薄毛が治った人がいるのも事実です。私自身もいくつかの育毛商品にトライしたのですが、結果は・・・です。

 しかし、一つ真実を掴みました。それは「こうすると、抜け毛が増える」と言うことです。髪や地肌に良くないことをすれば抜け毛・薄毛は進行します。そしてそれをやめれば進行は遅くなるのです。

 髪は毎日100本近く抜けるらしいのですが、(そんなに??!)それと同じだけ生えてきます。この数は季節にも環境にもよるらしいのですが、一番は本人の体の状態が最も重要な要因です。

抜け毛・薄毛対策

剃髪(ていはつ)

 スキンヘッドです。抜け毛・薄げに悩むより、いっそ完全に髪を剃り落としてしまうのです。一番シンプルで費用がかからず、他の方法のような二次的な難点がまったくありません。必要なのは大いなる勇気でしょう。

 抜け毛・薄毛・禿げは、見た目よりもむしろ本人の気持ちにあることを考えれば究極の解決方法です。

 それでも問題はあります。なんと言っても寒いらしいのです。さらに髪がない分保護することができないので頭を傷つけやすくなるのです。でもまぁ、最近は帽子もはやっているし、毛糸の帽子も若くてカッコいいですからね。

 もう一つの問題は○―さんにもスキンヘッドが多くて、怖いイメージがあることですね。優しいイメージのスキンヘッドスターがより多く現れることを願います。

 この点から森本 稀哲(もりもと ひちょり)選手の功績は大きいです。でも彼のスキンヘッドは、小学生の時、髪の毛はじめ体毛すべてが突如抜け落ちた上生えてこなくなる原因不明の難病が原因なのだそうです。現在は頭髪も生えるようですが、毎日剃っているとのこと。ちなみに「ひちょり」は本名、変わった名前ですよね。彼なら、はげ頭でもぜんぜんカッコいい!ですね。

鬘(かつら)

 さすがにかつらは、イメージが悪いです。マルハゲより、薄毛より、鬘とわかる鬘はかっこ悪いです。さらにばれると最低。この心配を背負いながら生きていくのは相当のストレスがあるのではないでしょうか。
 最近は技術が進みかなり精巧で本物と見分けのつかない鬘がありますが、やはり、鬘はやはり最後まで鬘です。

 その上、お金もかかるのです。既製品はなくオーダーメイドであり、時と共にメンテナンスが必要です。寿命も2年程度、鬘頭専用の理髪店も必要です。維持費は年間50万にもなるそうです。
 これはちょっと個人的にはパスですね。

増毛(ぞうもう)

 増毛というのはすでにある髪の毛に、別の髪の毛を接着剤でくっつける仕組みです。1本の髪の毛の根元に3本くっつけて4本!ってな具合です。まぁ、実際はそんなマンガみたいなものではないようですが、元の髪が伸びるにつれて常にメンテナンスが必要なのです。
 これも取れない鬘といった程度のものでしかないようです。

育毛剤

 育毛剤は数多く販売されていますが、医学的に発毛作用が確認されている薬品2種類だけなのです。
1 ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)
2 フィナステリド(商品名プロペシア)

 1は頭皮につける外用薬、血管拡張作用によって発毛を促すといわれています。頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用があります。

 2は内服薬で、男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促す薬品。 アメリカの製薬会社メルク社が開発、日本でも、2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、保険外診療として医師の処方箋に基づいて使用できるようになりました。

 しかし、この薬が誰にでも効くかと言うとこれはまた、個人差があり場合によっては抜け毛が進行する場合もあるのです。

 これ以外にも多種多様な育毛剤が販売されています。しかし安易な利用は逆効果の可能性もあるので事前の情報集が非常に大切です。

抜け毛・薄毛の知識と対策

 どんな育毛対策・抜け毛対策であっても、ほとんど絶対というものはありません。しかし数多くの方がこれにチャレンジしています。
 このサイトのリンク集は数多い関連サイトから、自分自身が知識を得るのに役立ったサイトのみを掲載しました。同じ悩みを抱えるあなたの参考になれば嬉しく思います。 ⇒こちらへどうぞ